男子必見!自家製のラー油で料理レベルアップ!!こだわりラー油のレシピ 

alt="" アジアご飯
撮影:URIと台所。
スポンサーリンク
  • 自家製のラー油って美味しそう!作ってみたいなぁ。
  • どんな材料が必要なんだろ?
  • 結構時間かかるのかな?
  • 男はやっぱりこだわりの調味料を使いたい!

 

こんな悩みをお持ちの皆さん!いらっしゃい!

 

URIと台所。
URIと台所。

みなさんこんにちは!URIと台所。です!

今回は
男子必見!自家製のラー油で料理レベルアップ!!こだわりラー油のレシピ

の紹介です。

自家製って聞くとなんだか美味しそうに聞こえますよね!

中国の山椒八角などを使った本格的で簡単なラー油。自家製ならではの香ばしい香りがポイントです!

この記事では

  • 自家製ラー油に必要な材料
  • 自家製ラー油の作り方
  • 調理時間
  • 本格的にするこだわりポイント
  • 保存の仕方
  • アレンジ方法
    など解説しています。
〜自己紹介〜
ki yamamoto
ki yamamoto

調理師歴7年の料理研究家Ki Yamamotoです。

中国料理店での修行を経て、家庭でも簡単にできるレシピを開発しています。

 

ちょっと本格的なラー油を一緒に作りませんか??

今回もURIちゃんと一緒にレシピを解説していきます!

それではレッツゴ!

 

スポンサーリンク

男子必見!自家製のラー油で料理レベルアップ!!こだわりラー油の材料

alt=""

撮影:URIと台所。

材料

  • 粉唐辛子 20g
  • あら挽き唐辛子 20g
  • 中国山椒 ホール 1g
  • 八角 小 1個
  • シナモン 1g
  • 生姜 10g
  • 長ネギ 青い部分 20g
  • サラダ油 200ml

男子必見!自家製のラー油で料理レベルアップ!!こだわりラー油のレシピ

alt=""

撮影:URIと台所。

ki yamamoto
ki yamamoto

それでは調理開始!今回作るラー油こんな感じで油だけじゃなく、中に唐辛子がそのまま残っているタイプ。これがうまいんです!

スープに入れたり、豆腐や鶏肉にかけたり、万能な調味料です!

STEP1 香味油を作る

alt=""

撮影:URIと台所。

まずはサラダ油にネギ、生姜、スパイスの香りを移して香味油を作りましょう。

使う油はサラダ油がオススメです。
余計な匂いがなく、ネギや生姜の香りがつきやすいです。

フライパンにサラダ油を入れたら、よく水気を切ったネギと生姜、スパイスを油が冷たいうちに入れます。

弱火でゆっくりと15分ほど加熱していきましょう。

STEP2 唐辛子に水を混ぜる

alt=""

撮影:URIと台所。

油を加熱している間に、唐辛子を少し下準備しておきます。

大さじ1の水を唐辛子に入れ全体によく混ぜ込みます。

URIちゃん
URIちゃん

なんで唐辛子に水を入れるの〜?

alt=""

撮影:URIと台所。

全体がボソボソして、スプーンでギュッと押すと固まるくらいの水加減でOKです。

ki yamamoto
ki yamamoto

この後の工程で暑い油を唐辛子にかけます。

水をいれることで唐辛子が焦げるのを防いでくれるんですよ〜!

STEP3 香味野菜を取り出す

alt=""

撮影:URIと台所。

15分ほどするとネギの色もすっかり茶色くなってきます。

alt=""

撮影:URIと台所。

この頃には香ばしいスパイスの香りが漂ってきているはず。

ネギがカリカリになってきたら取り出しましょう。

alt=""

撮影:URIと台所。

あまり真っ黒になると焦げの匂いがついてしまうので気をつけましょう!

ki yamamoto
ki yamamoto

小さな花椒はそのまま残しておいてOKですよ!

STEP4 油を唐辛子と合わせる

alt=""

撮影:URIと台所。

熱い状態の油を唐辛子にかけていきます。熱い油なので唐辛子は耐熱のボールに入れておきましょう。

ポイントは

  • 最初の2〜3回は少しずつ入れる。
  • 油がしっかり温まっているのを確認する。
  • 周りに十分注意する。

です!

alt=""

撮影:URIと台所。

お玉で最初の2〜3回は少しずつ油を注いでいきます。

油の温度が適切であれば写真のように油がぶくぶくと泡立つはずです。

もし泡立たなければ、再度火にかけ油を温めましょう。

ki yamamoto
ki yamamoto

180°cくらいを目指しましょう。

alt=""

撮影:URIと台所。

残りの油をまとめて注ぎます。

熱い湯気と唐辛子の香りが広がるので、周りには十分注意してください。

alt=""

撮影:URIと台所。

全体に油が行き渡るようにしっかり混ぜましょう!ここで唐辛子をしっかり加熱することでをラー油の風味が良くなります。

ki yamamoto
ki yamamoto

唐辛子は生なので油で加熱することで保存も効くようになりますよ。

あとは油が冷めれば完成です!!

alt=""

撮影:URIと台所。

 

調理時間

お疲れ様でした!ここまでの調理時間は約25分でした!

URIちゃん
URIちゃん

香味油を作るのに15分。

唐辛子と油を混ぜるのに5分。

準備に5分の計算ですね!

皆さん!お片付けも時間に入れてくださいね〜!!w

本格的にするポイント

こだわりポイントをおさらいいましょう!

  • サラダ油に弱火でゆっくり香りを移す。
    ラー油は香りが大切です。最初の時点でしっかりと油にスパイスと野菜の香りを移しましょう。弱火でじっくり移すのがポイントです。
  • 唐辛子に水を混ぜる。
    唐辛子が油で焦げないようにするためです。事前に水を混ぜておきましょう。
  • 油をかけるとぶくぶく泡立つくらいの温度にする。
    唐辛子に油をかけるときの温度が重要です。
    油全体がぶくぶくと泡立つくらい(180°c)を目安に油の温度を調節しましょう。

保存方法

alt=""

撮影:URIと台所。

完成したらこんな感じで瓶に入れておくと使いやすいですよ。100円ショップにも売っているので探してみてくださいね。

ラー油は日光の当たらない暗く涼しい場所で保存すれば、1ヶ月くらいは美味しくたべられます。

状態にもよりますので必ず確認してくださいね!

アレンジ

今回は基本的な辛味のラー油ですが、ここからさらにアレンジを加えることで食べるラー油のようにすることもできます。

オススメは

  • ピーナッツ
  • にんにく
  • 干しえび
  • 生姜

などを加えて塩や旨味調味料で軽く調味してあげるとバッチリです。

こちらはあまり保存が効かないので、小分けで作るのがいいと思います。

ki yamamoto
ki yamamoto

材料をみじん切りにしてラー油と合わせて軽く炒めてあげると香りもいいですよ!

終わりに

URIと台所。
URIと台所。

いかがでしたか?男子必見!自家製のラー油で料理レベルアップ!!こだわりラー油のレシピでした。

このラー油を使ったレシピもあるのでよければご覧ください。

それではまた会いましょう!バイバイ!

URIと台所。ではレシピプラス知識をテーマに記事を書いています。よかったら記事のシェアとSNSのフォローが下のボタンからできますのでよろしくお願いします。執筆の励みになります!

 

 

コメント

  1. ハーフ!?日本と中国のいいとこ取り!簡単で本格的な冷やし担々麺を生み出しました! | URIと台所。 より:

    […] 男子必見!自家製のラー油で料理レベルアップ!!こだわりラー油のレシピ 本格的な自家製ラー油の作り方を知りたいですか?? この記事では自家製ラー油に必要な材料、自家製ラー […]

タイトルとURLをコピーしました